スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


阿久根市議会、特別委に再び課長が出席拒否(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市議会の総合計画特別委員会が7日、開かれた。

 しかし説明を求められた課長は出席せず、特別委はこの日の審議を打ち切り、散会した。

 竹原信一市長(51)らが出席や説明をしなかった新年度予算案に続いて執行部が説明を拒否する事態となった。

 市総合計画は今年度から10年間の市政の基本構想を示すもので、地方自治法で策定を義務付けている。市長は2月の市議会初日に提案し、市議会は総合計画特別委(15人)を設置して今月7日以降、各課長らへ説明を求める予定だった。

 議場では、審査方法を巡り、反市長派と市長派の市議同士が激しく口論する場面もあった。委員会は12日に再開することを決めた。

 同市議会では、3月の予算特別委員会などでも各課長らが「市長の命令で説明できない」などと答弁を拒否するケースが相次いだ。

<鳩山首相>「会期内成立に全力を」…延長論にクギ(毎日新聞)
<名古屋地裁>点字のみの訴状受理 障害者「裁判開かれた」(毎日新聞)
<国交省>組織改編は前原カラー色濃く 4月1日実施(毎日新聞)
沖縄の理解に全力=鳩山首相(時事通信)
高齢者の7割、将来に不安=健康、介護、収入で−内閣府調査(時事通信)

市町村への権限移譲、26%どまり=府省庁回答−地域主権戦略会議(時事通信)

 政府は31日、地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)を首相官邸で開き、自公政権下で設置された地方分権改革推進委員会(委員長・丹羽宇一郎伊藤忠商事会長)が都道府県から市町村に権限を移譲するよう法改正すべきだと勧告した384事務に対する各府省庁の回答状況を明らかにした。「勧告通り見直す」「一部見直す」とした回答は99事務で全体の26%にとどまった。都道府県・政令市が持つ公立小・中学校教職員の人事権を中核市(30万人以上)にも認めることなど残りの285項目(74%)は「移譲困難」とし、理由として「市町村の事務処理体制が整っていない」ことなどを挙げている。
 鳩山内閣は、都道府県から市町村への権限移譲について、6月にまとめる「地域主権戦略大綱」に具体的な内容を盛り込んだ上で、来年の通常国会に関連法案を提出する方針。しかし、国から地方への権限移譲を含めて府省庁の抵抗は強く、政権公約である「地域主権」の実現を危ぶむ声も出始めた。 

【関連ニュース】
参院選公約に「国民の声」反映=4月からタウンミーティング
地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ
来月の政労トップ会談で調整
主要検討項目に担当主査=地域戦略大綱、6月策定へ
補助金、4種類に分類=一括交付金化の検討で

「弁護士バー」12日オープン (産経新聞)
預金保険料減額も一案=郵政「民業圧迫」批判で−原口総務相(時事通信)
【明日へのフォーカス】論説副委員長・高畑昭男 核軍縮のマジックと中国(産経新聞)
<威力業務妨害容疑>私立中に爆破予告メール 21歳男逮捕(毎日新聞)
「ヘリ部隊、分散移転」 普天間 防衛相、県内外で検討(産経新聞)

「愛国心」子供条例案、可決 浜松市議会(産経新聞)

 浜松市議会は24日、「愛国心」の醸成を盛り込んだ「子ども育成条例」を賛成多数で可決した。札幌市や川崎市のように子供の権利を強調する条例を制定したケースは全国に数多いが、浜松市は「子供の権利」という文言を明記せず、親や地域、行政の役割を示した上で子供に「愛国心」を求めており、子供に関する全国でも珍しい条例として注目を集めている。

【関連記事】
国旗・国歌 新政権も「尊重」は当然だ
外国人参政権法案 長尾教授「非常に危険」
小中高の暴力 徳育をおろそかにするな
景気対策も「急がば回れ」
天皇在位20年 国と皇室の弥栄を願う 継承問題は白紙から検討を
あれから、15年 地下鉄サリン事件

首相、在任中の消費税増税せず「約束違えるべきでない」(産経新聞)
拉致被害者家族会、蓮池透さんの退会決議(読売新聞)
25%減でも経済成長可能=温暖化対策で試算−環境省検討会(時事通信)
<坂田記念賞>毎日新聞大阪本社編集局取材班など表彰(毎日新聞)
自衛隊機の民間転用を推進=次期輸送機納入式で防衛相(時事通信)

「事実誤認あるのでは」小林千代美氏、捜査に疑問(読売新聞)

 「私に法的な責任を問うものではない」――。

 陣営幹部が昨年8月の衆院選を前に、北海道教職員組合(北教組)から1600万円を違法に受け取ったとして起訴された22日、小林千代美衆院議員(41)は記者会見の席で、札幌地検の捜査に「事実誤認もあるのでは」と不満を述べ、議員辞職しない意向を明らかにした。北教組から今後も支援を受けるのかと追及された時は、同席した民主党北海道連の幹部が「今後も(協力を)進めていく」と答えただけで、“労組丸抱え”と批判された自らの選挙を省みる言葉はなかった。

 この日、「小林ちよみ合同選挙対策委員会」の資金管理統括だった木村美智留容疑者(46)らが政治資金規正法違反で起訴されたことを受け、小林氏は午後7時半から、札幌市中央区の民主党北海道連の事務所で会見に臨んだ。

 グレーのスーツ姿の小林氏は、道連の佐野法充幹事長とともに硬い表情で着席すると、用意したメモに目を落としながら「政治に対する不信感を与えたことを心からおわび申し上げます」と陳謝した。しかし、「私に法的な責任を問うものではない」とも述べ、事件への関与も「存じておりませんでしたし、報告も受けていません」と、これまでの主張を繰り返した。

 さらに「(地検側の)事実誤認もあるのではないかと思う」と捜査への疑問も口にし、真意を問われて、佐野幹事長が「裁判の中で明らかになっていくことだ」と割って入る場面も。

 労組依存の選挙体質に関する質問には、小林氏は「選挙というのは多くの方の支援によって行われるものだ」という一般論を繰り返し、再び佐野幹事長が代わって「労組に支援いただいているのは事実だが、丸抱えではない」と反論した。時折目を潤ませていた小林氏は、会見を30分ほどで切り上げると、ホッとしたようにほおを緩めた。

挙党体制づくりに全力=自民・谷垣総裁(時事通信)
余ったワクチンは国が買い取って 自民議連が要望(産経新聞)
<脅迫文>兵庫県庁と神戸朝鮮高級学校に 高校無償化巡り(毎日新聞)
未公開株上場話で詐取容疑=被害3億か、投資会社社長逮捕−沖縄県警(時事通信)
政権への打撃回避に努力=小林議員問題で−農水相(時事通信)

<野焼き3人死亡>突然の逆風、炎襲う…直前の風速16m(毎日新聞)

 静岡県御殿場市中畑の陸上自衛隊東富士演習場(約8800ヘクタール)で20日、野焼き作業中の男性3人が死亡した火災で、現場付近は点火開始後間もなく最大瞬間風速16メートルの強風が吹き、風向きも変わったことが関係者への取材で分かった。「走って逃げるよりも早く火が燃え広がった」と証言する参加者もおり、県警は天候変化への対策が万全でなかった可能性もあるとみて、過失致死などの容疑で捜査を始めた。

 「風が強くて、立っていられないくらいだった」。野焼きの実施主体である東富士入会(いりあい)組合の勝間田祐一事務局長によると、現場近くにいた参加者は当時の現場の様子をそう語ったという。

 県警によると、死亡した勝間田和之さん(37)、勝間田嘉弘さん(33)、池谷慶市さん(32)はいずれも御殿場市川島田の会社員。死因は焼死だった。

 関係者によると、野焼きは約3000ヘクタールを焼く予定で、住民や自衛隊員ら約1100人が参加。亡くなった3人はほかの2人を含む5人1組で、演習場着弾地域の東南にある作業区を担当していた。現場は斜面で、5人は10メートル間隔で上って午前9時半ごろ風下側にあるカヤの枯れ草に点火。当時の風は南から北へ吹いており、火は5人の右手に燃え広がるはずだった。

 ところが、しばらくして上空で風が吹き荒れ、風向きが逆に。火は5人が歩いていた砂利道の防火帯(幅約10メートル)を飛び越え、反対側のカヤに燃え移った。県警によると、無事だった1人は「午前10時ごろ突然風向きが逆になり、炎が巻き上がった。約5分後に火勢が弱まったので前を見たところ、前にいた3人が焼け焦げた草の上に倒れていた」と話しているという。

 同演習場内の野焼きは毎年行われている。勝間田事務局長によると、午前9時ごろの風速は5〜6メートルほど。例年だと実施する風速のため、午前9時25分に点火を指示したが、風が強くなり、午前10時5分ごろ点火中止を指示したという。一方、静岡地方気象台によると、御殿場市内では午前9時47分、16.4メートルの最大瞬間風速が観測されていた。

 防衛省によると、東富士演習場は面積の約6割を民有地や公有地が占める。地権者らに入会慣行が認められており、約5000人が野草の採取などに年間約125日立ち入れる。【田口雅士、山田毅、樋岡徹也】

【関連ニュース】
野焼き:ボランティアの男性3人死亡 静岡・東富士演習場
クレーン横転:病院建設現場で1人死亡、3人重傷 長野
桜開花:東京・日比谷公園でソメイヨシノ咲く
梅:偕楽園の3000本が満開 水戸
気象庁:データ誤入力で民間機が着陸やり直す 松本空港

<日弁連>「誤判」原因究明へ、第三者機関設置を提言(毎日新聞)
「考えに変わりない」小林氏、改めて辞職を否定(産経新聞)
【核心】JAYWALK中村容疑者 薬物にすがる孤独“アラ還”(産経新聞)
11兆円の追加対策案発表=国民新(時事通信)
「北野をどり」きょう開幕(産経新聞)

「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)

 桜の名所・円山公園(京都市東山区)のシンボル、枝垂れ桜が、枝枯れや花数の減少という衰えに直面している。

 最大の原因は、観光客の食べ残しを狙って集まるカラスだ。樹上に群がって枝を折り、花芽も踏みつけて木を傷めてきた。管理する京都市が様々な対策を続けており、樹齢80年を超える桜は今春、どのような姿を見せてくれるのか。

 「祇園の夜桜」と呼ばれ、高さ約12メートル、枝張り約10メートル。初代が枯れたため、その種から育てた桜を2代目として、1949年に移植した。

 市から委託を受ける桜守の佐野藤右衛門さん(81)らによると、89年頃に最も多くの花を咲かせたが、カラスが集まり、一時は木を黒く覆うほどになったという。枝がつつかれたり、花芽を踏まれたりして、2000年頃から急に枝枯れが目立つようになった。さらに01年8月の台風で、枝を保護する支柱が倒れて枝がねじれたことや、枯れ枝を取り除いたため、枝ぶりも寂しくなった。

 市はその後、支柱の大半を撤去。毎年、根の周りの土を少しずつ入れ替えて、土壌を改良している。08年からは花見シーズンの間、園内4か所にごみ集積のカートを置いて残飯が散乱するのを防ぐようにした。今年は、花が終わった後、カラス撃退用の繊維「テグス」を木の周囲に張り巡らし、枝にとまりにくくする。

 佐野さんは「カラスを遠ざけて、幹や枝の途中から芽吹くことを期待したい」と話し、市は観光客にマナー向上を呼びかけている。

CO2が20分の1、過熱水蒸気式ごみ処理システム開発(産経新聞)
福祉用具の利用状況確認のための自主基準開発―専門相談員協会(医療介護CBニュース)
閣僚ら「生方問題」発言集(産経新聞)
阿久悠さん 顕彰モニュメントの鐘 兵庫県洲本市に完成(毎日新聞)
「邦夫の乱」いばらの道 与謝野、舛添氏、連携を否定(産経新聞)

民主・生方議員、街頭演説で小沢氏辞任求める(読売新聞)

 民主党の生方幸夫衆院議員は20日、千葉県松戸市で街頭演説し、小沢幹事長を批判して副幹事長を解任されることについて、「民主党は、小沢さんが白と決めれば全部白だという政党になってしまった。言論の自由がない政党が、国民の言論の自由を保障できるのか」と執行部の対応を批判した。

 小沢氏の進退については、「国会で(政治資金問題を)説明し、国民の理解が得られなければ、けじめをつけることが大事だ」と述べ、辞任が望ましいとする考えを示した。生方氏は「多くの議員が党内で声を上げないといけない。『処分されるかも』と口をつぐめば、民主党に未来はない」と訴えた。

 一方、細野豪志副幹事長はテレビ東京の番組で、「副幹事長は幹事長を補佐する立場で、まずは組織内で発言するのが最低限の有り様だ。(解任の)判断はやむを得ない」と語った。

【Web】18歳未満にみえるキャラ=「非実在青少年」?(産経新聞)
民主、5月末までにマニフェスト原案(産経新聞)
カラーボール見事命中!コンビニ強盗すぐ逮捕(読売新聞)
ダイヤ優先、規定違反6件…大阪の地下鉄事故(読売新聞)
37歳長男をハンマーで殴り殺害容疑、父逮捕(読売新聞)

「男は走りながらこちらを見た」 再現される凶行の様子(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第6回公判】(8)

 《検察側の証人尋問で、声を震わせながら加藤智大(ともひろ)被告(27)への怒りを訴えた被害者Dさんの婚約者の女性。弁護人の証人尋問に移ると、幾分か落ち着いた口調を取り戻した。加藤被告が秋葉原の交差点にトラックで突っ込んだ際の様子について、弁護人の質問に淡々と答えていく》

 弁護人「あなたとDさんは現場で位置を移動した、ということですね。手を引かれるように、ついていったということでしたが」

 証人「はい。そうです」

 弁護人「あなたはトラックの方を見た、ということでしたが、左後方の位置から見たわけですね」

 証人「はい」

 弁護人「トラックは、後ろがコンテナのような形になっているものでしたか」

 証人「はい」

 弁護人「高さは2メートルくらいでしたか」

 証人「はい」

 弁護人「トラックの後ろ側を見たということですね」

 証人「はい」

 弁護人「トラックの左側も見たということでしたね」

 証人「はい」

 弁護人「それでは、トラックの右側からは見ましたか」

 証人「それは、見えませんでした」

 弁護人「トラックのドアが閉まる様子は見ていましたか」

 証人「見ていません」

 弁護人「トラックの後ろの部分から、どのくらい離れた位置にいましたか」

 証人「5メートルも離れていなかったと思います」

 《弁護側は、トラックから加藤被告が降りたところを証人が見ていないということを確認したいようだ。加藤被告は一瞬、顔を上にあげたが、すぐにうつむき、元の姿勢に戻る。硬い表情には、ほとんど変化が見られない》

 弁護人「あなたは、トラックを見たとき、体ごと振り返ってみたのですか。それとも、首だけ振り返るような状態でしたか」

 証人「首だけ振り返ってみていました」

 弁護人「その後、男に気付いたということでしたが、体の向きを変えてみたのですか」

 証人「彼の方が前に出ていたので、視界の端の方に見えたという感じでした」

 弁護人「彼とは手をつないだままの状態で、男がぶつかってきたということですね」

 証人「はい」

 弁護人「男は、手に何か持っていましたか」

 証人「それは、気付きませんでした」

 弁護人「男がDさんにぶつかったときの状況ですが、Dさんが何か声をあげたようなことはありませんでしたか」

 証人「それはありませんでした」

 弁護人「男が何か声をあげるようなことはありませんでしたか」

 証人「それは、聞きませんでした」

 《弁護人は、間をおきながら、一つ一つ質問を投げかけていく。証人の女性は、落ち着いた声で応じている》

 弁護人「男が振り返って、じっとあなたたちを見ていた、ということでしたね。男は立ち止まったりしていましたか」

 証人「いいえ。走ったまま、こちらを見たような感じでした」

 弁護人「それから、あなたとDさんは移動したということでしたが…」

 証人「彼が後ずさりするように歩いて、それにつられるように行きました」

 《さらに弁護人は、Dさんの後に刺された被害者女性Eさんについても質問していく》

 弁護人「その位置から、男がぶつかった女性(Eさん)のいた位置の間に、ガードレールがあったと思いますが」

 証人「はい」

 《弁護人は「ぶつかった」と表現しているが、Eさんはナイフで刺されていた》

 弁護人「男が何かを手に持っているような様子は見ていないのですね」

 証人「はい」

 弁護人「男が女性にぶつかった後の様子は見ていましたか」

 証人「男が女性の横を通り過ぎた後に、彼から『刺された』と聞かされたので何も見ていません」

 《ここで、弁護人は女性への質問を終えた。村山浩昭裁判長は検察、弁護側双方に追加の質問がないか確認する》

 検察官「それでは若干…。2点ほどお伺いします。証人がトラックを見た位置と、犯人の男を見た位置をそれぞれ、図面に書いてください」

 証人「はい」

 《女性は赤ペンを手に取り、図面に印を書き入れていく。傍聴席からみることができる大型モニターにもその様子が映し出される》

 検察官「犯人の男を見て、トラックを運転していた人と一緒だと思ったのですか」

 証人「はい」

 検察官「あなたのいた位置と、(犯人と思われる男が立っていた)現場の間にガードレールがあったということですが、何があったのですか。さくのようなものがあったのではないか、と思うのですが」

 証人「黒っぽいような、茶色っぽいようなさくがあったのを覚えています」

 検察官「さくがあった地点から女性の位置はよく見えたのですね」

 証人「はい」

 検察官「以上です」

 裁判長「それでは、尋問としてはこれで終了ですが、今あなたが書いたものについて、お名前を記入していただきます」

 証人「はい」

 裁判長「では、長時間お疲れ様でした」

 《女性に退廷を促す村山裁判長。証言台から法廷の外に続くドアの位置まで、傍聴席から見えないように遮蔽(しゃへい)の衝立が置かれる。女性が移動する足音が、かすかに聞こえる》

 裁判長「ここで休廷にします。再開は午後4時10分からとします。それでは、被告人から退廷してください」

 《裁判長の指示で立ち上がる加藤被告。ドアに向かう途中で一度、傍聴席に深々と一礼すると、無表情のまま、ゆっくりした足取りで法廷を後にした》

 =(9)に続く

【関連:秋葉原17人殺傷第6回ライブ】
(7)被告への怒り「反省も意味なし」…事件思いだし外出できないままの婚約者
(6)「いいから逃げろ」刺された被害者は婚約者に叫んだ
(5)「トラックにはもじゃもじゃ髪の男が…」現場で目撃した犯人
(4)通行人を次々に襲った男は“狙い”を定めた…弁護人が詳細に質問
(3)「目が半開きで口が大きく開いていました」…事件の恐怖語った目撃者
20年後、日本はありますか?

<シャチ>「ナミ」7月デビューへ 名古屋港水族館(毎日新聞)
雑記帳 男性下着ファッションショー 大阪(毎日新聞)
非核三原則、法制化も展望=社民党首(時事通信)
神戸ポートタワー 新装鮮やか 2カ月ぶり再開へ(毎日新聞)
事故処理中の警官、車避けようと高架橋から転落(読売新聞)

同意人事、決定手続き見直しを=社民党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は17日午後の記者会見で、国会同意人事について「議院運営委員会に(人事案が)出た後の段階でしか(顔触れを)知り得ないのは連立政権として問題だ。事前にどう意思疎通を図るかが課題だ」と述べ、与党間で事前調整が可能になるよう決定手続きの見直しを求める考えを示した。
 政府は原子力安全委員会委員に班目春樹東大大学院教授を充てる人事案を国会に提出しているが、社民党は同日、脱原発を目指す党の方針とは相いれないとして、班目氏に反対の考えを平野博文官房長官に伝えた。福島氏の発言は、こうした動きを踏まえたものだ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<「捜査怠慢」訴訟>警視庁が上告の方針(毎日新聞)
堀江被告 三味線など差し押さえ「何でこんなことに」 (毎日新聞)
鳩山内閣 支持率続落43%…不支持が逆転 本社世論調査(毎日新聞)
河合誓徳氏死去(陶芸家、日本芸術院会員)(時事通信)
千葉大生殺害、男を追起訴=別の強盗致傷事件で6度目逮捕へ(時事通信)

在宅だけでは「限界」―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)

 全国老人福祉施設協議会(全国老施協)は3月9日、社会保障制度についてのセミナーを東京都内で開いた。この中で「介護保険制度これからの課題」をテーマに講演した中田清会長は、「在宅、在宅と言うが、在宅(での生活)には限界がある」と指摘した上で、施設整備の重要性を訴えた。

【複数の写真が入った記事】


 中田会長は、現在の国の介護や福祉に対する政策の流れについて、「いわゆる脱施設、特養解体、在宅偏重路線というのは間違いない」との認識を示した。一方で、在宅サービスについては、家族介護の存在が前提であり、「家族が何らかの形でかかわっていなければ、今の在宅サービスで要介護4、5の重度の方が生活をするのは難しい」と指摘し、「特養整備を全国老施協としても訴えていく」と強調した。
 また、介護事業者が今後取り組むべき課題としては、▽魅力ある職場づくり▽高品質サービスの構築▽地域貢献―の3点を挙げた。

 また、全国老施協常任顧問の中村博彦自民党参院議員は、「現場の風が制度をつくる―苦闘10年を振り返って」と題して講演した。中村氏は、「日本の介護が輸出品になる」とした上で、今後はアジアの介護人材との連携が必要と指摘。現在、インドネシアやフィリピンから受け入れている外国人介護福祉士候補者については、「介護現場に活を入れる存在」との認識を示した。その上で、「アジアの介護職と共に手を結んでこそ、日本の介護が明るく楽しいものになる」と述べた。
 また介護職員の「キャリアパス」については、それぞれの事業者がどう構築すべきかを考えるべきとし、「(2012年度から始まる)第5期の事業計画に展開していかないと『負け事業体』『負け社会福祉法人』になる」と警鐘を鳴らした。

■高齢化は「ビジネスチャンス」―国際基督教大・八代教授
 また、「社会保障の展望―規制改革の課題」と題して講演した国際基督教大教授の八代尚宏氏は、75歳以上の高齢者の数について、「(2030年まで)毎年45万人増えることになる」と指摘。このことが、社会保障にとっては「負担」とする一方で、「高齢化を負担と考えずに、ビジネスチャンスと考える必要がある」との認識を示した。
 その上で、介護を「画一的な福祉」から「多様な個人消費」に変えることが重要と指摘。介護保険で標準的なサービスを提供する一方で、裕福な人については高付加価値、高価格の介護サービスを自由に購入できるよう制度を改め、介護サービスの質向上や雇用の創出などを目指すべきと主張した。


【関連記事】
社会福祉法人、「加算取得に医療法人と差」―全国老施協・中田会長
介護ロボット、現場の手助けまで「あと一歩」
「介護・福祉に光が差した一年」―09年回顧と10年の展望 全国老人福祉施設協議会・中田清会長
「サービスの質は介護職員の力で高まる」―全老施協シンポで中田会長
24時間巡回型の訪問ケアがポイントに―宮島老健局長

ひまわり、一時データ受信障害=降雪が影響−気象庁(時事通信)
“ミスター年金”事務所視察で指示連発(読売新聞)
日本郵政 郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)
<富士山>山小屋の環境型トイレ故障、汚水垂れ流し(毎日新聞)
<六ケ所村>高レベル放射性廃棄物、英から初搬入(毎日新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
アフィリエイト ホームページ
ネットビジネス
現金化
クレジットカード現金化 比較
現金化
副業
クレジットカードのショッピング枠を現金化
自己破産
selected entries
archives
recent comment
  • <平沢元死刑囚>代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)
    ぱんてい (05/05)
  • <平沢元死刑囚>代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)
    とろろいも (01/18)
  • <平沢元死刑囚>代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)
    桃医 (01/12)
  • <平沢元死刑囚>代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)
    ポリエモン (12/20)
  • <平沢元死刑囚>代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)
    ゴンボ (12/17)
  • <平沢元死刑囚>代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)
    パイン (12/12)
  • <平沢元死刑囚>代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)
    ばきゅら (12/09)
  • <平沢元死刑囚>代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)
    ちんたまん (12/04)
  • <平沢元死刑囚>代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)
    さもはん (11/25)
  • <平沢元死刑囚>代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)
    XXまるおXX (11/21)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM